こうこうのおもひで

昨日に引き続き今日もブログを更新するぐらいしかすることがない絵に描いたようなゴミピ(ゴミピープル)である私だが、これでも一応進学校と呼ばれる高校を出ている。

 

そう、進学校だ。進学校。

 

高校時代から常々考えているのだが一体全体「進学校」とはどういった基準で決められているのだろうか。

因みに私が通っていた高校は県境に近めだったので、県立とはいえ茨城からも通っている生徒がいた。ので千葉の一部と茨城の一部では「親戚の子供が通っていたらとりあえずお世辞を言っておける」くらいの進学校なのだが蓋を開けてみると意外と普通なのだ。いや、ある意味普通ではないのかもしれないが。

じゃあ、普通じゃないところって?

 まず制服だ。今時のJKと言ったらミニスカブレザー♡が普通なのだろう。おそらくは。

 私の母校は膝の真ん中がスカートのベストな丈だったのだが、かわいい制服だったらまだ我慢できた。いじりようのないジャンパースカートでひとつながりの頭からかぶるタイプの制服なのだがとにかくこれがダサい。急いでいる朝などにはここぞとばかりにハエのように手を擦り合わせて感謝するデザインだが、ディズニーに入場を断られるレベルで黒いことも許せない。そして少しでも太ろうものなら入らなくなる。さらにジャンパースカート特有の通気性の悪さのおまけつきである。

 

 次に通学路だ。吉幾三が歌にする一歩手前の田舎で、高2が終わるころにやっと駅前にセブンが出来たが、それ以外にコンビニはなく、駅から片道20分約2.1kmを毎朝歩かなければならなかった。(数学教師が面白がってテスト問題にした時はテスト用紙を食べそうになった。)

 しかもそこそこ栄えた観光地なのでもちろん観光客がいる。特に早く帰れそうなテスト期間に限って危険ゾーンである某川沿いでこれに捕まる。道案内をする。こちらとしては一時間に一本、ヘタしたら二時間半に一本の弱小四両編成発射のタイムリミットに向けてめずらしくガンダッシュをキめずに済むと思っていたのに、オバちゃん軍団に道を尋ねられ、彼女たちのささやかな楽しい旅の思い出を守るために結局走る羽目になった苦い思い出がある。今思えば高校三年間、特に帰り道の三分の二は走っていた気がする。ローファーを何足買っただろうか…。

 

ここまで読んで、おいおいそれ進学校に関係ねえだろ、と思われた方もいるだろう。

ここからが本領発揮なのでリンクを飛ばずに読み進めてほしい。

 

 「頭が良ければ良いほど頭がおかしい」という通説があるが、進学校というだけあって母校の教師たちは指導力の高い教師陣()だったが、ふとした瞬間に変人の片鱗が垣間見える。あえてここに明記はしないが、とにかくすごい。どのくらい凄いかというと、千鳥のノブが何かの間違いでうちの母校に取材に来たら「クセがすごいんじゃあ^~」と言いすぎて翌日声が出なくなるレベルだ。

 

 そして七時間授業。とにかくこれがしんどかった。一日が終わると当日の朝の記憶がないレベルに疲れていたのか、七時間授業がどんな時間割だったのかすら覚えていない。これに朝補修という名の希望参加制の補修を組み合わせると帰宅したころにはあしたのジョー最終回状態だ。

f:id:yourisikibu:20170207192531p:plain

 

謎の進学校ブランド

 自称進学校といえども、進学校というからには地元では「あたまのいいひとがいくこうこう」というイメージが定着しているように思える。というよりは現状を見ると「こびりついている」といったほうがいいだろうか。これがなかなか厄介なのだ…と書き始めたものの、長くなりそうなので今日はここらへんで仕舞にしようと思う。

近いうちに更新しようと考えているので、

私の駄文がそう遠くないうちに皆様のお目にかかることだろう。

 

それでは皆様暑さにお気を付けヒヤシンス。