読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の『やりたい事特に決まってません』問題

大学生活の約半分に当たる期間が終了して、

大学生なんてあっという間だよー」って周りの大人が言ってるのがやっと理解できるようになった。

最近『大学来てやりたい事特に決まってません』みたいなのをレッテルだと思ってる人の多さにも気付いた。けどそれって別にレッテルだとは思わない。むしろ視野が広がっていいと思う。

やりたい事決まってます このために大学に来ました』って人を卑下してる訳じゃないけど(自分もそのうちの一人だし)の方が視野が狭まるから、何かと行き詰まったり悩んだりしてる気がする。

人によって価値観は違うし、教授によっては「やりたい事まだ決まってないのはマズイ」とか言う人もいれば「まだ決めなくていい」って言う人もいて『じゃあどうすればいいんだよ』ってイライラして でも時間は過ぎるし焦る みたいな。

そういう人って周り見過ぎなんじゃないかなって凄い思う。いや私が無神経すぎるだけかもしれないけど。
周りをよく見てるから、周りに影響され易い。『これ面白いなぁ これやろうかなぁ』と思うとまた別に興味のある事を見つけてしまう。結果決められず悩む。これはメリットでもありデメリットでもあるから余計悩まされてる人が多いような。少ないような。

で、そんなコンディションのまま、これでテスト期間が終わって長期休み。長期休み明けたらもうゼミ選択。ってそりゃ無理ある話ですわ。長期休みに何か行動を起こさない限り決められる訳ない。(と断言してしまうのも何か…と思うけどここでは断言します。)
春休みは朝起きて飯食ってゴロゴロして飯食って昼寝してもしくはバイトして適当に遊んで飯食って風呂入って寝る。あーあ どうしよう。

 

それでいいと思う。

ただゴロゴロしながら本をいっぱい読む事をオススメする。体力使わないし。頭は使うけど。
図書館に行って 興味のある本を片っ端から借りる。読む。
飛ばし読みでも構わない。だって興味ないと面白くないから続かないし。
『これ、なんだろう。』『どうなってるんだこれ。』『どうやってできたのか。』気になったらまた図書館へ行く。

やりたい事が見つかるとは断言しないけど、『夏休みをただ自堕落に過ごしてしまった』よりは『今年は本をたくさん読んで知識をつけた』の方が良い気がする。私は。

とまあ、ページ作り直して一回目のノートでした。少しでもタメになれば。と思います。

葉理